不動産の鑑定

不動産と呼ばれるものは一般的に販売されている商品とは違いがあります。
唯一無二のとても特殊なものとして存在しています。
そのため、一般的な商品のように適正な価格をつけることがとても困難といわれています。
しかし、かつてのバブル期であったような事態を避けるためにも、適正な価格で取り引きしなければなりません。

そこで、不動産の専門家となる不動産鑑定士が世の中には必要となります。
不動産鑑定評価基準に基づき適正な評価を決定します。
不動産の評価というのは、快適性や利便性、また収益性、需要といった地域の環境や諸条件から鑑定が決められます。
例えば担保にしたい・賃貸借を考えている・相続のために・課税上の不服を申し立てしたいといったような場合に、適正な価格を決めてくれる不動産鑑定士が必要となるのです。

不動産鑑定士とは、不動産の適正な価値を鑑定する資格を持つ者です。
不動産鑑定の業務をおこなう場合には、国土庁長官または知事の登録を受けて、事務所ごとに必ず専任の不動産鑑定士を1人以上は置かなければならないと法律で定められています。

1963年に不動産の鑑定評価に関する法律が誕生したのはご存じですか。
これにより不動産の鑑定評価制度と不動産鑑定士資格が作成され、高度な国家試験である不動産鑑定士試験に合格をして、国土交通省が定める不動産鑑定士名簿に登録された者だけが、不動産鑑定士になるのです。
分かりやすく言うと、不動産の適正価格を決定する専門家です。

*このサイトは現在準備中です